不動産投資と株式投資

不動産投資と株式投資は一見似ているように聞こえますが、全くの別物と考える事ができます。
投資の対象が株式である事と不動産である事で、利益の確保の仕方が全く異なっているのです。
また、最近ではFXなどのように外国為替の証拠金取引も重要な投資の手段として知られています。
これらの投資は非常に身近なもので、もちろん共通点をもっています。
例えばこれらのやり方についてしっかりと理解しないといけないのは投資と投機の違いについての把握です。
この投資と投機を間違えてしまうとお金の運用の目的や動かし方が全く異なっているのであらかじめ「投資」なのか「投機」なのかを決めておく事が必要です。

不動産投資はあくまでも名前の通り、投資にあたります。
自分で保有している不動産が継続して利益を生み出してくれるのが不動産の特徴で、長期間にわたり資産を保有し継続した利益をかくほします。
これはあくまでも投資対象が新たにお金を作り出してくれる投資というお金の運用のやり方です。
しかし、これが株式投資では少々異なってきます。
株式投資は一定期間株式を購入し、保有する事でその株式を売却した時に値上がり分の利益を確保するというやり方を取る事が一般的で、これはあくまでも投機にあたる事です。
したがって、株式は投資というよりも投機という性格が強いのです。

このように、やり方の段階で異なっている不動産投資と株式投資は他にも様々な相違点があります。
このページではそれらの相違点について分かりやすく、必要な情報を提供したいとおもいます。